「ほっ」と。キャンペーン

古民家に住み、大きな農場で働く。暮らしが中心の生活を送っています!その一部始終を綴りまーす!('08鴨川自給自足 & '09東京ルームシェアに続いてblog更新中)


by musya31
握っている。


今日も欠かさずに握る。



手を離すけど

毎日欠かさずに

握るんだ。


俺が握っているのは…

権力でも、財産でも、銃でもない。




この暮らしを始めてから
毎日、毎日
欠かさずに
握っているのは…


包丁だ。


危ない事をするんじゃない。



命を頂く準備のためだ。




ある夜の

『いただきます』





畑で採れたての葱を刻んだ

納豆

b0134008_2119042.jpg




サッと塩もみ
ごま油と醤油の

きゅうり

b0134008_21191956.jpg



レタス、ニンジン、たまねぎ、アボガドを
握った巧みな包丁さばきで
カットして、レンコンをフリットしたものを飾った

特製サラダ

b0134008_21193415.jpg




新鮮な太陽は
カットしたらそのまま盛り付けて
ニンジンをコラボさせるだけ…

トマト

b0134008_21195099.jpg



3ケ月間…

良く握ったおかげで
少しは
まともに

畑から食卓への
『命のパサー』に

なれたかな?



得意の
お結びも、時々握ります。



--------------------------------------------------------------------------------------

さて、夫婦が不在で
料理を済ませると…

子供の宿題の朗読を聞いた。


『おおきなかぶ』

懐かしい話だ。



おじいさんが種を蒔いたカブは
大きくなりすぎて
一人じゃ抜けない。

おばあさんを呼んだが
それでもダメだ…

孫も引っ張ったが…

犬も引っ張ったが…

猫も引っ張ったが…


最後は何だっけ??


あー
ねずみか。


あの小さなねずみじゃ
加わったところで
何も変わらないだろーーー


と思って、
引っ張ってみたら…


大きなカブは
見事に抜けた!




うん。
凄く分かる。



大きなカブでも

あと少し

ほんの小さな力を

加えるだけで

抜けたりするもんだ。



さー
ためらう必要はないね。


今すぐにでも
動き出そう。



権力も、財産も、銃も持たずに…


その
小さな一歩を出す

勇気だけを握り締めて。



小さな動きでも
大きく何かが
変わるから。
[PR]
# by musya31 | 2008-07-04 21:37

太陽の申し子

雨が続く

梅雨。


大地に生るモノタチへの
恵みの雨。



そんな
雨上がりに
今の畑の報告を。

天然おやつのプラム。
色づけば、まもなく食べごろ

b0134008_3371872.jpg



生でも食べれちゃうくらい
ジューシーなトウモロコシも一気に成長した。

b0134008_3373855.jpg




今年は出来が悪い、なすびー
どうしてこんなに美しい色が出るのだろう。

b0134008_3375584.jpg




秋に向けて、大量にとれる柿
干し柿にして、貴重な糖分摂取おやつ

b0134008_338827.jpg




無農薬で食べられる何て
普通はありえない、桃の天然水
じゃなくて…天然の桃

b0134008_3382527.jpg





そして
何より、楽しみなのが…

『太陽の子』と
名付けて

幼い頃からの
大好物だった。




- トマト-



学校の畑に
夏休み進入して

ムシャムシャむさぼっていた。



あまりに好きなので
箱で買って、
それを独り占めして
食べた。

そんな小さな夢を叶えたのは
いつのことだっけなー




花が咲き

b0134008_338411.jpg




小さく実り

b0134008_3385215.jpg




こんなに大きくなった!

b0134008_33949.jpg





とにかく
土と種から育てた

太陽を
頂ける日は近い。
[PR]
# by musya31 | 2008-07-02 03:47

自然曜日

あっという間に月日が経つ。


きっと1年なんて
すぐに通り過ぎるだろう。

きっと1ヶ月なんて
すぐに通り過ぎるだろう。

きっと1週間なんて
すぐに…



月、火、水、木、金、土、日…
曜日感覚はあまりないけれど。

一日、一日を味わって生活できている気がする。




この山奥の生活には…

踏みしめる度にエネルギーを感じる
「土」がある

b0134008_6302463.jpg



サンサンとエネルギーが降り注ぐ
「日」がある
b0134008_6303840.jpg



静かな夜を照らす
「月」がある

b0134008_629337.jpg



熱をもちながら、メラメラと燃える
「火」がある
b0134008_6291861.jpg



恵みの雨から
浄化される
「水」がある

b0134008_6293415.jpg



包み込むように、そびえ立つ様に
凛とした
「木が」ある
b0134008_6295181.jpg




土、日、月、火、水、木…

あれ、
「金」
「かね」がない…


自然の暮らしの中には
「かね」がない。

「金」にあたるものはないのか??










いや
あった!






夕日に黄金色に輝きを放つ
小麦の「金」がある。

b0134008_63094.jpg


しっかりと実をつけた
小麦の収穫を終えた。





自然の中で

月、火、水、木、金、土、日…
1週間を味わいながら

今日も生きます。
[PR]
# by musya31 | 2008-06-23 06:42

田の上no旅立ち

田植えって、気持ちいい。


足も、心も、

泥と、水で潤う。



昔ながらの6月中旬
いよいよ田植えが始まった。

b0134008_55259100.jpg





一本、一本に

「大きくなれーって」

願いを込めて、植えていく。


b0134008_5533754.jpg




手植えは、味わいのある
直線のぶれ。

b0134008_5535078.jpg




一人で無言で植えるもよし。

二人で対話しながら植えるもよし。

仲間と笑いながら植えるもよし。

b0134008_5541473.jpg






除草剤を蒔かない
この田んぼは


ここから
1ヵ月。

苗幅30センチの間を
歩いて、草取りをする。


実りまでの
何ヶ月も。



おしめ替えも
お散歩も
授業参観もないけど…

毎日、こいつのお世話をする。


まだ子どもはいないけど
少し旅立ちの息子を見ているようだ。
[PR]
# by musya31 | 2008-06-17 06:18

お米の幼少期、終える

懐かしい。

この手で作ったゆりかごに、

この手で蒔いた種が…。

今、立派に次の時を迎える。

グンと伸びた、その姿は

たくましい。




我が子ども達の
-幼少期- を振り返ります。

5月1日

願いを込めて、種を蒔く様に
苗床に、そっと寝かした
種籾

b0134008_513930.jpg






5月8日

1週間で芽をチョコット出した

b0134008_5132394.jpg





5月18日

小さい時は毎日早い。
背丈も徐々に伸びる。

b0134008_513418.jpg




5月22日

苗床が緑に色づき始める

b0134008_513558.jpg






5月27日

日数の少なかった晴天の日
一気にグッと伸びてくる。

b0134008_5141057.jpg




6月10日

そして、遂に…
約40日で20cmほどの
立派な苗が出来た。

b0134008_5142451.jpg




田植えに向けて
苗取りをする。

b0134008_515626.jpg




抱きかかえるようにして
手で優しく、取って

程よい量になったら
わらで縛って束ねておく

b0134008_5145237.jpg




明日からの田植えに向けて、準備万端。

b0134008_5143865.jpg



こんな体験
滅多に出来ない。




どこの農家も
苗は農協で買ってくる。

田植え機にガチャンとはめて
機械に任せて、1時間程で植えていく。





そんな農法では…


この手で
苗を一度も触れていないかもしれない。


この手で
苗を抱きかかえずに、愛情不足になっているかもしれない。






むかーしは、みんな

苗床作り→手植え
してたんだよな。



生産性の向上。
効率性を上げる。
収量をup。

コスト削減。
苦労も削減…。
手間削減…。


変わりに…
農薬、化学肥料、農機具の機械化…






「今年はこんなに沢山採れた」

「うちなんて、こんなに」

「いやいや、こっちの方が、この量だよ!!」


自然の中で
静かに愛情を込めていた

農家さんの会話は
いつしか

「質より量」

に変わってしまった。





「農家がレースを始めた日」

そんな日からかな…。





大量に採れないかもしれない

実は小さいかもしれない

それでも、いいじゃないか。





ギュッー、と味の濃い

本当に美味しいお米が

出来れば、いいさ。





「量より質に こだわっていきたい」
[PR]
# by musya31 | 2008-06-11 05:45

雑草の花

気温が上がる。

僕はバテル…。



でも…

雑草はグングン伸びる。

b0134008_659424.jpg


そんな雑草を刈る僕。



誰が、いつから
「雑草…」って
呼び始めたんだろう。




小さくて可愛い花が咲いている。

b0134008_6595625.jpg



心が癒される。





雑草の役割ってなんだろ??

b0134008_722943.jpg





・土が乾かないように地面の屋根になってあげる…

・土に足りないミネラル分を野菜に与えてくれる…

・刈った雑草は堆肥に使われる…

etc...




人間に雑草と呼ばれようが
自分の役割を全うしている。


雑草にもちゃーんと役割があるんだ!!


役割がないんじゃなくて、気づいていないだけ。




b0134008_742485.jpg



b0134008_743914.jpg



b0134008_745220.jpg


雑草にだって、ちゃ-んと花は咲く。
[PR]
# by musya31 | 2008-06-08 07:06

虫が食べる、僕も食べる

温かな朝
陽射しは強い。

b0134008_540275.jpg



体に太陽のエネルギーが蓄えられる。

でも
お腹は減る、朝の8時過ぎ。



田んぼの脇に
桑の実を発見!!

うーん、
赤紫の食べ頃のサインを
受け止めて頂く。



b0134008_5422374.jpg


さいこーーー。


野草の実はスッパイ?

いやいや…
めちゃめちゃ甘いです。




b0134008_5443163.jpg


おや?
蜘蛛も桑の実のそばに
巣を作ってますな。


やはり…
『食べ物があるとこに住む』
というのは、虫も人間も同じみたい。



野の中を
少し歩くと…



2品目を発見!!

b0134008_5463826.jpg


山葡萄だ!!



おや、今度は
蟻がご馳走を取り囲んでいる。


b0134008_5491725.jpg


ここは
邪魔しないで

隣の美色(美しい色の)を食べる。


b0134008_549376.jpg


これが、正に美食
甘くて、甘くて、自然のデザートは
もー、止まらない。




虫も俺も甘いものには
目がないようだ。



くも、あり、はち…
蜘蛛、蟻、蜂…
虫、虫、虫…
むし、むし、むし…


あ、俺も、むしやん!



むしや…

むしゃ…

武者…



こんな僕ですが…
musya31のブログを読んでくださる皆さん
いつもありがとう。


これからも宜しくね♪
[PR]
# by musya31 | 2008-05-29 05:55

わが収穫の初日

遂に…

この小さな、手のひらから
自分の、手のひらから

蒔かれた植物を
頂く日が来ました!!




これを蒔いたんです…
なんでしょーーー
b0134008_2140357.jpg





ほら芽が出てきた

b0134008_21405286.jpg





うわっ、こんなに育ってきた!!

b0134008_21412470.jpg





はい、もう食べ頃なんでーーーす。

b0134008_21422049.jpg



これは
『蕎麦菜』



蕎麦の実(種)を
蒔いて
暖かいと1、2週間で
収穫できます!!

って
若い新芽を食べるから
早いんだけど。



この蕎麦菜は
夏場の青菜が少ない時期にも
収穫できるからGood!!

夏場は虫が多いから
青い葉っぱモンはやられちゃうんです。



ってなわけで…


収穫したら

食す。

頂く。


蕎麦菜のゴマ和え
b0134008_21423755.jpg



ゴマ油と醤油とお酢で和えて
ゴマをふっただけ。


自分で蒔いた種から
育ったもの。

これを
頂く幸せ。


味覚以外で感じる味は
育てた人しか味わえない。

[PR]
# by musya31 | 2008-05-21 21:54

ゆりかごを、創る

この一ヶ月。

4月からずーっと
創ってきたモノがある。



ゆりかごだ。




「わたくし…出来ちゃった結婚しました!!」






え?
いえいえ。

違いますよ…^^





別に赤ちゃんが生まれたわけじゃない。


これから、命を育むための
ゆりかごを
創ったんですよ。







苗床って
Do you know??


うん、
俺もはっきりと
田んぼ作業するまで
知らなかった…




要は…
田植えをする時の
ふさふさの苗を
成長させる

ゆりかごベッドってこと。






さー
去年お米を収穫した後の
雑草が生い茂った荒地??

が、ゆりかごになるまでの
一ヶ月をどーぞ!!






こんな風景からスタート!!

b0134008_6302564.jpg


耕運機で
土を混ぜる!!



今年は
そこに、地元の卵作ってる人から
もらった鶏糞

b0134008_6311717.jpg



それと酵素を混ぜて
栄養を足してあげる。
(もちろん化学肥料はあげないよー)

b0134008_632668.jpg





雨を待って

b0134008_6322810.jpg


水をためること数日…



b0134008_6331447.jpg

こんな感じに変わるのよー
ちょっと田んぼに見えてきたでしょ??



そしたら、
グチャグチャに
かき混ぜて
土と栄養が均等になるようにする。
バランスよ、バランス。



水が漏れないように
壁を創る(黒塗り)
これがアーティスト魂をくすぶる、楽しさ!!
b0134008_6335541.jpg




そして…
いよいよ
ゆりかごを創る!!



小さな板 と 手だけで
こんなゆりかごベッドをつくる。

b0134008_6351183.jpg



車の音も、排気ガスも、ネオンもない。


鳥の声、
森の音、
太陽の陽射しを浴びて

ゆりかごを創ってる時間は神秘的。


ただ、自分が自然の中に居る事を感じるだけ。


あとは何もない。
ただ、「気持ちがいい日常がある」



ベチャベチャ泥が固まれば
いよいよ、種籾をまく。

b0134008_6355740.jpg




優しく、的確に。

お隣さんとの距離感は
都会でも種でも同じ。


近すぎても、離れすぎてもダメ。



b0134008_636367.jpg

籾殻を炭にしたものを
上にまいて
数日、ビニールシートをかぶせる。

b0134008_638469.jpg



直射日光と
雨から
赤ちゃんを守るためだ。



その間、山からの新鮮な湧き水が
田んぼには常に注ぎ込む。

b0134008_640799.jpg




やっぱり
最初は、肝心。
大切に、大切に、大事に。


人間も…
教育も…
植物も…

みーんな
芽が出るまでが大切なんだ。


だって、命の始まりだもん。


そうして
一週間くらいすると…



ほら!!


b0134008_640537.jpg




ゆりかごで
健やかに育っている
お米の芽が出る。



子どもはいませんが
我が子の様に

赤ん坊が
自分の手作りのゆりかごで
芽を出して、泣きそうになりました。





おや??



近くの親戚が、お見えのようですね?


b0134008_6442881.jpg

赤ん坊の
成長をのぞきに来たのかな?




育てるじゃなく、育つ。



みーんな
そうなんだ。
[PR]
# by musya31 | 2008-05-14 06:45

サワガニの散歩シーン

5月。

続く雨の日。


雨上がりに姿を現したのは
サワガニや
b0134008_5451493.jpg


うすーーーい
水色がっかったボディが
緑の草の上を


横へ
横へ、と動く。




サワガニ(沢蟹)は…

川の上流域から中流域にかけて生息して
和名どおり水がきれいな渓流(沢)・小川に多いので、
水質階級I(きれいな水)の指標生物ともなっている。

by Wikipedia参照




サワガニが散歩している=水が綺麗


都会の水辺ではカニ何て
見た事がない…



そこの環境によって
育まれる、命は違うんだねー。


逆に…
生活する上で
【環境】ってのは
メチャメチャ大事なんじゃないのか。



環境問題??

b0134008_601763.jpg




そんな

難しい話はしないでも…




安眠のために枕を選ぶ。

車の座席の角度をいじる。

部屋の温度をコンディショナーで調節する。

散らかった部屋を片付ける。

親子喧嘩の間に入って止める。

音楽をかけて癒しの空気を流す。

一緒に居たい人を選んで過ごす。

…etc



ほら、こんなに
自分の環境を気にかけてる。



自分が気持ちよく
快適に過ごすために。


みーんな
アクションしてるじゃん。





この季節
庭には
ツバメが巣作りにやってきている。

自分が住みやすい
巣を作るために材料集めに必死だ。





サワガニもツバメも

まず…
自分が生活すべき環境を
優先的に考えてる。

b0134008_685292.jpg





さて、みんなはどうですか?

細かい部分ばかり、いじってませんか?






どんな地に足をつけて
生活してるんだろー



以外と大事な、
足元が見えてないのかも。
[PR]
# by musya31 | 2008-05-12 06:06

壁の味わい

改築中の家が
ちゃくちゃくと輝きを見せてくる。

b0134008_21182924.jpg



木の息吹を感じて
室内なのに
透き通る様な、空間。

木が呼吸をしている。


断熱のために…
畑で採れた
お米の 【藁】 を入れる。

b0134008_2118418.jpg


足元にあるもので
築いていく。


素晴らしすぎる。



感動してばかりで
何も手伝いが出来ない。

ミトレルばかりだ。


大工も職人技も、盗みきれない世界だ。



そんな中で任されたのが…

b0134008_21143433.jpg




そう。
漆喰だ。



これも
地元にある土と藁などを混ぜて
半年ねかせれば
自分で用意できちゃう!!






正直、はじめて。
不安。




でも、ちょっとワクワク。


b0134008_21144875.jpg





やると
メチャクチャ楽しい!!


塗り絵のようで…
いたずら書きのようで…
アートの様で…
職人気分で…





どんどん
壁に表情がついていく。




夢中になって3時間ほど…

壁と見詰め合っていた。


b0134008_21184568.jpg



味わい深い壁に変身した。





たかが壁。


だけど
生活の大切な側面だって事。




自分で
生活の場

創っていくのって
楽しい。


そこでの
生活の
ひと呼吸が変わってくる。


味わい。


創るの難しいけど、
味わうために

少しずつ
創っていこうかね。
[PR]
# by musya31 | 2008-05-05 21:23

旬に生きる

最近は晴れが続きます、4月も終わりの千葉県から。


今日も山奥から


自然の 「美」
を切り取る。




★この時期が旬の…


新たまねぎ

b0134008_702069.jpg


切ってすぐに
中からエキスが出てくる。






b0134008_79845.jpg


こうやって
木に打ち込んで

待ちに待って
家の裏で採れた…


しいたけ

b0134008_703368.jpg


肉厚で感動するほど
ジューシー!!



★すぐ近くに溢れるほど
生えてくる…


たけのこ

b0134008_705059.jpg




こんな日は
たけのこ御飯

にでもしましょーか。

b0134008_711516.jpg






うん、
味わい深い。





旬のものが分かりにくい
都会のスーパー。



年中、夏野菜の
トマト、きゅうりがあるのは紛らわしい。

夏野菜を冬に食べると
体は冷えてしまうよーーー

旬のものを食べると寿命が75日伸びるだとか。



僕らについては…
人生、常に

「旬」

でありたいもんだ。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-29 07:14

森のブランチ

朝は6時起きの22歳。
もう慣れました。



朝一で
美味しい水を飲んで


午前中も
田んぼや畑の仕事です。





太陽が徐々に
あがってきて、

体が
ぽかぽか

あったまります。






夜の20時~お昼の12時は


人間は「排出の時間」
と言われてます。


出てから、食す。



ぎゅーぎゅー押し込むと
体も消化作業に
テンテコマイになるみたい。


体の中は空っぽにしてから★




畑にいると
頭の中もからっぽになるから、
心地が良い。

変な邪念や車の音もイッサイない。










「フルーツは朝食べるのがいい」
というのは
消化が良くて負担が少ないからだっ!!


と、さっそく…
朝の10時過ぎに
腹が減るので

僕のブランチは
田んぼのすぐ脇にある


甘夏みかんだ。

b0134008_714339.jpg



これが
また美味い!!



毎日、毎日
決まって食べる
この森のブランチ…

b0134008_715810.jpg



山の恵みは
やっぱり最高なんだ。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-26 07:05

春の陽気のように

4月も終盤に入るが
変わりやすい天気が続く。


天気の良い日は
さいこーーー
に気持ちが良い


畑には沢山の新緑と花が咲き誇る。


b0134008_6232791.jpg




虫や蝶が元気に飛び回って
あちこちで遊んでいる。


田んぼや畑仕事の途中…

少し、手を休めると。


蝶も羽を休めていた。

b0134008_6234330.jpg



マネをされてのか?


自然の中にいると
自然と一体な気分がしてくる。




こんな景色は人間には作れない。

b0134008_6243675.jpg




やっぱり
自然は凄いなと

また感じた。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-22 06:31

雫、静かに光る

雨の日はブログの更新率が高い。


『恵みの雨』 とは、

ブログを更新するにも
恵まれるみたいだ。



途中から陽が射した
午後の千葉県。




雨露に濡れた
草花は

キラキラ輝いていた。


b0134008_1625029.jpg







『雨降って、地固まる』
とは言ったもので…

b0134008_16253826.jpg



この場合は

『雨やんで、雫光る』

かな。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-18 16:33

大根ときどき柚子

今日のお昼は
夕べの残り物で…

創作料理。




って言っても簡単!!


【材料】

・昨晩食べた、ゆず大根サラダ。

・残った三分付きのお米。

これを一緒に混ぜるだけ。






生の大根をサイコロ状に切って、ゆずと醤油で和えたものを用意。

b0134008_20201575.jpg






①シャキシャキの食感を
 ご飯と一緒に味わいたいから
 粗みじん切りにしておく。


②混ぜて、セイロに入れて蒸す。


③風味のいい黒ゴマと
 飾りで刻みねぎをのせれば、
 
 ほら、完成!!



これが
自画自賛!!

うまかったーーー。





ゆず大根のセイロ

b0134008_20173214.jpg






ね、美味しそうでしょ~


料理は楽しいねっ!!
[PR]
# by musya31 | 2008-04-14 20:24

世代を超えた一言


地域の草刈をした。

初めての草刈機は少し緊張する。

b0134008_21573956.jpg



そんな22歳の僕に
使い方を教えてくれたのは
75歳のお爺ちゃん。


シワにも年季が入って、深々とした表情が素敵だ。



雨上がりの午後。
菜の花畑に、男二人で向き合う。

b0134008_21584016.jpg



混合油を入れて、ウンウンと動き出した草刈機。


爺ちゃんは土手のそばを
俺はその内側の菜の花の部分を刈っていく。


ほとんど会話はない。


いや、会話はするんだ。

けど…





俺が

『明日も雨降りますかね?』
と聞くと



『&%’(%&$&(’=()’&(’)だべ』
と、おじいさん。





会話がないわけじゃない
会話が成り立たないだけだった。



しかし、
50年の歳の差を越えて
息の合ったコンビネーションで
無言のまま二人は…
前へと進む。


b0134008_2212538.jpg


まだ不慣れな俺を見かねて

おじいさんが
ふと
言った。




『手前をちゃんと片してから、前へ進め~』




ずばり的確なアドバイスに
ハッとした。





その一言でコツを掴んだ気がした。


そして、
その一言は



人生を行き急いでいる自分への

助言にも聞こえる
深い一言だった。






b0134008_2222434.jpg


ボソッと言い放って
持ち場へ戻るお爺さんの
後姿は、
まだ -人生の現役- だった。




明日も分からない。

5日後も分からない。

5年後も分からない。

50年後なんて全然分からないけど



50年後の自分も
お爺さんの様に

-75歳現役-   で、居たいものだ。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-13 22:08

木材ではない、木の表情

最近、晴れが続きます

鴨川の山奥。




昼ご飯を食べる時は

日差しを浴びながら

野鳥と蛙の鳴き声がBGMです。




実は、今週から
大工さんが来て

家の一部の修復・改造を始めた。


b0134008_8564757.jpg



木材を運んできて…

荒削りで、サイズを整えるのが
ここ2,3日の仕事だ。




親父が建築士の俺も
こういう現場は初めてだ。


可能な限り
手伝いながら、技を盗む。


木と対話しながら
木の持つ良さを生かしながら
アート作品も創る
この大工さんとの会話は
発見だらけだ。



ふと
こんな事を言っていた。



『建築では木は、いち木材として

 材料扱いされる。


 けれど、木だって
 
 それぞれ色や形、材質が違う。

 木だって生きている。

 その表情をしっかり見てあげて、

 生きた家に仕上げるんだ』

b0134008_857868.jpg




確かに
それぞれ違う

木目は見ていて飽きないし
とても美しい。


それぞれ
人の様に個性があるですね。


さー、どんな風に
この個性が家を織り成すのか。

楽しみです。


いつか、俺も
家を建てよっ(笑)
[PR]
# by musya31 | 2008-04-12 09:19

雨の日のうどん

今日も雨。


雨で素敵な自然の写真が撮れなくて
ウズウズ…



室内に
あるものを
パシャリ…



まー
昼に"うどん"を作ってみた。

b0134008_1540147.jpg



普通のうどんと違って
全粒粉の "うどん"

普通の小麦には色が付いてるのに
なぜ、うどんは白いのか?

白米のように栄養分のあるとこを
落として食べてるからだー




だから
今日は栄養のたっぷりあるそば色のうどん

畑からとってきた
大根やら人参をのせて


シンプルで
美味しい料理


体も心も満腹です。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-08 15:40

生活のキホンの木

使い方も全く理解しないまま

見切り発車で始めた
僕のブログにお越しのみなさん。

こんにちわ。



さー千葉の山の中に入って
3日目。


自然の中では呼吸すら
幸福の葉の一枚になる。

こうして
毎日の些細な事が

幸せに感じられたら


きっと
その木には幸せの葉が

沢山ついた素敵なものになるのかー


なーんて、いつも通り
妄想にも似た、クサイ言葉を並べていますが。




畑仕事もメイン日常ですが

ライフスタイルが違うと
毎日のルーティンワークも
違ってくる。


都会ではスイッチ一つで
暖かな湯船が用意されるが

ここでは違う。


そう薪風呂なんです。
b0134008_17153197.jpg



薪を割って
それにガスバーナーで
火をつけて、薪の火で
お風呂が暖まります。


薪を割るのも日課です。



今日は雨。

割って閉まってあった
薪も、雨露で湿ってる。

薪がゴーゴーと燃えて
お風呂のお湯がちゃんと暖まればいいけどなー
[PR]
# by musya31 | 2008-04-07 17:25

試作日記

初のブログで

タジタジ…



これから
もっと
いじっていきまーーーす。
[PR]
# by musya31 | 2008-04-03 23:31